コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生肝 さいせいかんregenerating liver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再生肝
さいせいかん
regenerating liver

ラット (ダイコクネズミ) の肝臓の3分の2を切除すると 24~48時間目をピークとして残存肝臓に核分裂が増加し,増殖再生が起る。この再生機転は数日の経過ののちに漸次終息して正常に返る。これらの状態にあるものを再生肝という。再生時に代謝と細胞分裂が盛んになるので,実験に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android