コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写し取る ウツシトル

デジタル大辞泉の解説

うつし‐と・る【写し取る】

[動ラ五(四)]
もとのとおりに書き取る。書き写す。「原図を―・る」
そっくりそのままもとの形を模倣する。
「うち笑ひ、物などの給へるも、あさましきまで―・り給へるに」〈狭衣・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつしとる【写し取る】

( 動五[四] )
あるものをまねてそのままそっくり書く。書き写す。転写する。 「古文書こもんじよを-・る」
もとの物のとおりに作る。模倣する。 「いとかしこき人にて、みな-・りて行ふをも/宇津保 忠こそ
[可能] うつしとれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

写し取るの関連キーワード錄・六・禄・肋・録・陸・鹿・麓ダイレクトストリームデジタルカント哲学の基本概念A. リヴォワールスーパーリアリズム透き写し・透写しポインティング籠写し・篭写しライブビュー言語論的転回刷る・摺るモノタイプ言語ゲーム模写・摸写双鉤填墨墨流し写生説見取りコピー書写す

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

写し取るの関連情報