原図(読み)ゲンズ

  • げんず ‥ヅ
  • げんず〔ヅ〕

大辞林 第三版の解説

複製や転写のもとになった図。印刷では、写真・絵画・線画などの原稿をも含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 もとの図。模写、複製などのもとになる図画。
※風俗画報‐一七六号(1898)広告「此書は西土古代之宝器を摸写するものにして、乾隆帝の欽定に係り、原図は考古博古の二図より出で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の原図の言及

【地図】より

…これらについては,2倍程度に引き伸ばした写真をもって現地調査をし,写真上に詳細に調査結果を記入してくる。図化素図とこれらの調査結果を合わせて原図を作成する。不備な点があれば補足調査として再び現地に行ったり資料を調べたりする。…

※「原図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原図の関連情報