コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠棚 カムリダナ

デジタル大辞泉の解説

かむり‐だな【冠棚】

《「かんむりだな」とも》
冠をのせる棚。
書院床の間などのわきに設ける化粧棚の一種。

かんむり‐だな【冠棚】

かむりだな

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かむりだな【冠棚】

かんむりだな【冠棚】

冠を載せておく棚。のちには香炉の台としても用いるようになった。冠台。かむり棚。
書院や床の間などに設ける違い棚の形式の一。かむり棚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の冠棚の言及

【棚】より

…これには棚だけの二階棚,三階棚もあり,蒔絵(まきえ)などで美しく装飾され,寝殿造建築における貴族調度の典型となった。この系統の棚も中世,近世に室内装飾の中心として受けつがれ,近世の三棚や冠棚となる。三棚は大名家の嫁入調度で,厨子棚,黒棚,書棚から成る。…

※「冠棚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冠棚の関連キーワード違い棚

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android