冠毛(読み)カンモウ

大辞林 第三版の解説

かんもう【冠毛】

キク科植物のタンポポ・アザミなどの下位子房の果実上端に生ずる毛状の突起。萼がくの変形したもので、果実が熟したあと、乾燥して放射状に開き、種子を散布するのに役立つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冠毛
かんもう

キク科植物などの痩果(そうか)の先端部に輪状に生じる毛状のもので、萼(がく)裂片の変形したものである。これで風を受け、パラシュートのようになって痩果は遠くまで飛んでいくことができる。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐もう クヮン‥【冠毛】

〘名〙 キク科、ガガイモ科などの子房の上端に生ずる毛状の突起。萼(がく)の変形物で果実の成熟とともに乾燥して開き、種子の散布を助ける。〔植学訳筌(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android