コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠鳩 カンムリバト

2件 の用語解説(冠鳩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんむり‐ばと【冠×鳩】

ハト科の鳥。全長64センチくらいで、ハト類中最大。全身青灰色。頭に同色の扇状の冠羽がある。ニューギニアに分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんむりばと【冠鳩】

ハト目ハト科カンムリバト属の鳥の総称。大形のハトで、頭上に大きな冠羽をもつ。ニューギニアとその属島に分布。
の一種。全長80センチメートルに達する大形のハト。全身空色で、頭上に扇子を広げたような大きな冠羽をもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠鳩の関連キーワード烏鳩雉鳩金鳩金腹黒鵐中鷺山娘旅行鳩紅鳩