コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬来りなば春遠からじ フユキタリナバハルトオカラジ

デジタル大辞泉の解説

冬(ふゆ)来(きた)りなば春(はる)遠(とお)からじ

英国詩人シェリーの詩「西風」の一節から》つらい時期を耐え抜けば、幸せな時期は必ず来るというたとえ。長いを耐えて春を待つ気持ちの表現としても用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふゆきたりなばはるとおからじ【冬来りなば春遠からじ】

苦境を耐えぬけば、やがて幸福・繁栄の時期を迎えられるというたとえ。 〔イギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の一節。文字通りの春を待つ気持ちの表現としても用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android