冬来りなば春遠からじ(読み)フユキタリナバハルトオカラジ

大辞林 第三版の解説

ふゆきたりなばはるとおからじ【冬来りなば春遠からじ】

苦境を耐えぬけば、やがて幸福・繁栄の時期を迎えられるというたとえ。 〔イギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の一節。文字通りの春を待つ気持ちの表現としても用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android