コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬柴鉄三 ふゆしば てつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冬柴鉄三 ふゆしば-てつぞう

1936-2011 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和11年6月29日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。昭和36年司法試験に合格し,39年法律事務所を開業。61年公明党から兵庫2区で立候補し衆議院議員(当選7回)。平成6年新進党結成に参加,10年新党平和結成で幹事長につく。同年公明党再結成で幹事長に就任。18年安倍内閣で国土交通相として初入閣,翌年安倍改造内閣,福田康夫内閣国交相に再任される。21年総選挙で落選し,政界引退を表明。平成23年12月5日死去。75歳。関西大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

冬柴鉄三の関連キーワード政治家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬柴鉄三の関連情報