コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷銑 れいせんcold pig iron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷銑
れいせん
cold pig iron

型銑ともいう。冷却して固形化した銑鉄。溶銑を鋳銑機の鋳型に流し込んで冷やし固めたもの。重さは製鋼用で 20~40kg,鋳物用で 15~20kg程度のものが多い。使用する際に,破砕しやすいように,背中に波形をつけた「なまこ」状を呈しているところから,俗に「なまこ」といっている。近年は鋳銑機の発達により,大半が鋳銑機でつくられているが,以前は砂型に溶銑を流してつくっていたため,砂型銑ともいわれ,鋳銑機で製造したものを金型銑ともいった。一般には,出銑口から流れ出た溶銑は,取鍋 (とりべ) に入れて製鋼工場に運んで,転炉あるいは平炉で鋼をつくるが,一部は冷却され,冷銑として販売される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android