コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出力解像度 しゆつりよくかいぞうど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

出力解像度

出力先、すなわちディスプレイプリンター等実際に出力する先の装置の解像度を指す。単位はdpi(dots per inch)を用いる。ディスプレイの場合は基本的に72~100dpi程度、プリンターは300dpi程度から1200dpi程度のものまでさまざまである。DTPで使われるイメージセッタの出力解像度は1200dpi~3600dpi程度。出力解像度は主にプリンターの解像度と画像の解像度を区別するときに用いられる。画像の解像度は入力解像度、または画像解像度と呼ばれ、単位はppi(pixels per inch)。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

出力解像度の関連キーワードRIP

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出力解像度の関連情報