出力調整運転(読み)しゅつりょくちょうせいうんてん(英語表記)power regulating operation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出力調整運転
しゅつりょくちょうせいうんてん
power regulating operation

季節や1日の時間帯によって変化する電力需要に合せて出力を増減させる発電所の運転方式。これに対して,常に最大出力で運転する方式をベースロード運転という。 1988年2月,四国電力の伊方原発2号機で原子力発電所の出力調整試験が行われたが,事前の相互理解の不足が住民らの反発を招いた。フランスなどではすでに実用化されているが,ソ連チェルノブイリ原発事故が低出力運転の調整中に起きたこともあり,炉型の違い,原子炉制御の方式の違い,原子炉炉心への影響の違いが理解されないまま,すべての出力調整に対する不安につながった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android