コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出納官吏 すいとうかんり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出納官吏
すいとうかんり

現金の出納保管を司る国の職員 (会計法 38) 。各省庁の長またはその委任を受けた職員が任命する (39条) 。権限により,出納官吏,代理出納官吏,分任出納官吏,出納員,職務内容により,収入官吏,資金前渡官吏,歳入歳出外現金出納官吏,繰替払い等出納官吏の種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいとう‐かんり〔スイタフクワンリ〕【出納官吏】

会計法で、国の現金の出納・保管を取り扱う職員の総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android