出納(読み)シュツノウ

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐のう〔‐ナフ〕【出納】

すいとう(出納)」に同じ。
平安時代、蔵人所(くろうどどころ)・有力公家などで、雑事をつかさどり、雑具出し入れに当たった職。

すい‐とう〔‐タフ〕【出納】

[名](スル)《「すい」は、出す意の字音の一、「とう」は慣用音》金銭や物品を出し入れすること。支出と収納。「現金を出納する」「出納帳」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつのう【出納】

すいとう(出納)」に同じ。 〔ヘボン〕
平安時代、役所や寺院などで物品の出し入れを役とした者。 「伴大納言の-の家の幼き子/宇治拾遺 10

すいとう【出納】

( 名 ) スル
〔「とう」は慣用読み〕
金銭や物品を出し入れすること。 「現金を-する」
しゅつのう(出納)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅつ‐のう ‥ナフ【出納】

〘名〙
① 出すことと納めること。特に、金銭や物品を出すことと入れること。収支。すいとう。
※令義解(718)職員「頭一人。〈掌。出納。諸国田租。舂米。碾磑事〉」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔書経‐舜典〕
蔵人所に属した文書・雑具の出し入れにあたる役。私設の職として、有力公卿の家司中に置かれる場合もあった。
※御堂関白記‐寛弘七年(1010)一一月一一日「先日依触穢事所解蔵人所出納時則、如本更任」
※宇治拾遺(1221頃)一〇「伴大納言の出納の家のおさなき子と、舎人が小童といさかひをして」
③ 寺院で、被物(かずけもの)、祿物などの出し入れをつかさどった僧。
※御湯殿上日記‐天正元年(1573)九月五日「御ふせのこそて、大とうしてよりしゆつなううけとりて、しゆそうにわたす」
④ 荘園で年貢の徴収・出納などを行なった下級の荘官。
※東大寺文書‐天永二年(1111)九月八日・紀伊国木本荘作田損得注進帳「惣公文田二町、案主田一町〈略〉出納武行三段」

すい‐とう ‥タフ【出納】

〘名〙 (「すい」は「出」の音の一つで、「だす」の意に用いるものか。「とう」は「納」の慣用音)
① 金銭や物品の出し入れ。現在、主に営業上の出し入れにいう。すいのう。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「銭穀の出納は時々之を国中に布告すべし」
高瀬舟(1916)〈森鴎外〉「自分の扶持米で立てて行く暮しは、〈略〉大抵出納(スイタフ)が合ってゐる」
[補注]「色葉字類抄」や「節用集」の類では「シュツナウ」と読んでいる。金銭の出し入れに「すいとう」と読むようになったのは比較的新しい時代になってからだと思われる。

すい‐のう ‥ナフ【出納】

〘名〙 (「のう」は「納」の呉音) =すいとう(出納)
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉五「一年出納(スヰナフ)の積書を検査して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出納の関連情報