コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出納 シュツノウ

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐のう〔‐ナフ〕【出納】

すいとう(出納)」に同じ。
平安時代、蔵人所(くろうどどころ)・有力公家などで、雑事をつかさどり、雑具出し入れに当たった職。

すい‐とう〔‐タフ〕【出納】

[名](スル)《「すい」は、出す意の字音の一、「とう」は慣用音》金銭や物品を出し入れすること。支出と収納。「現金を出納する」「出納帳」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつのう【出納】

すいとう(出納)」に同じ。 〔ヘボン〕
平安時代、役所や寺院などで物品の出し入れを役とした者。 「伴大納言の-の家の幼き子/宇治拾遺 10

すいとう【出納】

( 名 ) スル
〔「とう」は慣用読み〕
金銭や物品を出し入れすること。 「現金を-する」
しゅつのう(出納)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出納の関連キーワードmechanic registerエネルギーバランスカロリーバランスエネルギー収支現金出納伝票出納整理期間キャッシャートレジャラーカロリー出納金銭登録器大坂蔵奉行倉方・蔵方会計管理者現金出納帳過年度収入出納責任者金銭出納簿金銭出納帳平田職忠自動書庫

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出納の関連情報