コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函淵植物群 はこぶちしょくぶつぐん

1件 の用語解説(函淵植物群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はこぶちしょくぶつぐん【函淵植物群】

北海道中軸部に分布する上部白亜系函淵層群(8000万~6500万年前)に含まれる化石植物の総称。植物化石は,ケイ化木,ケイ化葉,葉,花粉・胞子などからなり,そのうちソテツ類のケイ化葉化石は1909年M.C.ストープス,ケイ化木の類は10年ストープス,藤井健二郎,葉化石は25年遠藤誠道,また花粉・胞子化石は64年高橋清によって研究がなされた。葉や茎の化石は,シダ類4種,ソテツ類7種,球果類2種,被子植物4種などがあるが,植物群全体の姿はまだ十分に明らかにされていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

函淵植物群の関連キーワード上川頸動脈サヨリ日高造山運動北海道中央バス白亜系北海海老暗細胞粒度分布マッシーフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone