コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函淵植物群 はこぶちしょくぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

はこぶちしょくぶつぐん【函淵植物群】

北海道中軸部に分布する上部白亜系函淵層群(8000万~6500万年前)に含まれる化石植物の総称。植物化石は,ケイ化木,ケイ化葉,葉,花粉・胞子などからなり,そのうちソテツ類のケイ化葉化石は1909年M.C.ストープス,ケイ化木の類は10年ストープス,藤井健二郎,葉化石は25年遠藤誠道,また花粉・胞子化石は64年高橋清によって研究がなされた。葉や茎の化石は,シダ類4種,ソテツ類7種,球果類2種,被子植物4種などがあるが,植物群全体の姿はまだ十分に明らかにされていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android