コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函谷関の鶏鳴 カンコクカンノケイメイ

2件 の用語解説(函谷関の鶏鳴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

函谷関(かんこくかん)の鶏鳴(けいめい)

《「史記孟嘗君(もうしょうくん)伝から》斉の孟嘗君が秦から逃れて函谷関まで来たとき、鶏鳴まで開かない規則の門を、鶏の鳴きまねがうまい者の働きによって開けさせて無事通過することができたという故事。→鶏鳴狗盗(けいめいくとう)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんこくかんのけいめい【函谷関の鶏鳴】

〔史記 孟嘗君伝
秦から逃げ出して夜中函谷関に至った孟嘗君もうしようくんが、鶏鳴までは開かない関の門を、鶏鳴をよく真似る従者の力で開かせて無事脱出したという故事。 → 鶏鳴狗盗くとう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone