コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏鳴 ケイメイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐めい【鶏鳴】

にわとりが鳴くこと。また、その鳴き声。「鶏鳴暁(あかつき)を告げる」
一番どりくころ。夜明け明け方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいめい【鶏鳴】

ニワトリが鳴くこと。また、その鳴き声。 「 -暁あかつきを告ぐ」
(一番鶏どりが鳴く頃の意)丑うしの時、今の午前二時頃。
夜明け。明け方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鶏鳴の関連キーワード冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴明け離れる・明け放れる翁家 さん馬(5代目)ビリエ・ド・リラダン暁鐘成(初代)函谷関の鶏鳴生花早満奈飛対馬やまねこ五味可都里玄武湖公園ストープスあかつき北山七僧ニワトリ関路の鳥孟嘗君つしま暁鐘成函谷関鶏声

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶏鳴の関連情報