コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏鳴狗盗 ケイメイクトウ

デジタル大辞泉の解説

けいめい‐くとう〔‐クタウ〕【鶏鳴×狗盗】

《斉(せい)の孟嘗君(もうしょうくん)が秦に幽閉されたとき、食客のこそどろや、にわとりの鳴きまねのうまい者に助けられて脱出したという「史記孟嘗君伝の故事から》にわとりの鳴きまねをして人を欺いたり、犬のようにして物を盗んだりする卑しい者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいめいくとう【鶏鳴狗盗】

〔中国、斉せいの孟嘗君もうしようくんが秦の昭王に幽閉された時、こそどろやニワトリの鳴き真似のうまい食客の働きでのがれたという「史記孟嘗君伝」の故事から〕
ニワトリの鳴き真似をして人をあざむいたり、犬のようにして物を盗んだりする卑しい者。小策を弄ろうする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶏鳴狗盗
けいめいくとう

(にわとり)の鳴きまねをして人を欺いたり、狗(いぬ)のように忍び込んで物を盗むことしかできない者の意で、つまらないことしかできない下賤(げせん)な者をいう。中国、戦国時代の斉(せい)の公族で賢人として知られた孟嘗君(もうしょうくん)が、秦(しん)の昭襄(しょうじょう)王に捕らえられたとき、王の寵姫(ちょうき)にとりなしを頼み、謝礼として狐白裘(こはっきゅう)を要求されたが、先に王に献上してかわりがなかったため、嘗君は、イヌのように盗みのうまい食客にこれを盗ませ、寵姫に献上して難を逃れることができた。また、天下の険として知られた函谷関(かんこくかん)では、ニワトリの鳴きまねのうまい食客の働きで関を開かせ、無事脱出したと伝える『史記』「孟嘗君伝」の故事による。転じて、とるにたらない小人物でも使い方によっては役だつという意に用いられる。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鶏鳴狗盗の言及

【孟嘗君】より

…秦の昭王は彼の賢なることを聞き,前299年に宰相とするために秦に招き,ついで殺そうとしたが,食客のはたらきで危地を脱し,無事斉に帰り着いた。これが有名な鶏鳴狗盗(けいめいくとう)の故事である。のち斉のみならず魏の宰相にも任ぜられたが,前284年以後は自立して諸侯となり,薛で没した。…

※「鶏鳴狗盗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶏鳴狗盗の関連キーワード函谷関の鶏鳴ニワトリ鳴き真似函谷関狗盗昭王小策

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android