コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分域 ぶんいきdomain

翻訳|domain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分域
ぶんいき
domain

結晶内の小さい領域において,電気双極子モーメントあるいは磁気双極子モーメントの向きが一方向にそろっているとき,この範囲を分域という。強誘電体強磁性体にみられ,磁性体の場合には磁区という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の分域の言及

【誘電体】より

…(2)強誘電体 電場を加えない状態でも一定の値の分極,すなわち自発分極をもち,その自発分極が電場によって方向を反転しうるものを強誘電体という。強誘電体の内部は自発分極が一定の方向を向いている正,負の小領域に分かれており(この領域を分域またはドメインという),正,負の分域は,互いに結晶学的双晶の関係にある。強誘電体に電場を加えると分域壁が移動し,電場と逆方向の分域が減ったり,新たに電場と同方向の分域が発生する。…

※「分域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分域の関連キーワード分域累帯構造インド洋太平洋分極

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android