コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁区 じく magnetic domain

6件 の用語解説(磁区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁区
じく
magnetic domain

強磁性体は原子の磁気モーメントがすべて平行に並んでいる小さな領域の集合とみなされ,この領域を磁区という。磁区は強磁性体コロイド電解研磨した強磁性体の面上につけて,顕微鏡によりコロイドの図形を観察することによりその存在が確かめられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じ‐く【磁区】

強磁性体の内部で分かれ、自発磁化の方向が同じで一つの小さな磁石のようになっている小領域。各領域間では自発磁化の方向が異なり互いに打ち消し合っているが、外部から磁界をかけると全体として方向がそろい強く磁化される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

磁区【じく】

強磁性体の内部は自発磁化をもつ多くの小区域に分かれており,この小区域を磁区という。磁区の磁化の方向がまちまちのときは全体として外部に磁化を示さない。外部から磁場をかけると,まず磁場の方向に近い磁化方向をもつ磁区が境界を次第に広げて体積を増し,外部磁場がさらに強くなると磁区自体が回転して外部磁場の方向に向かう。
→関連項目キュリー温度磁性体磁歪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じく【磁区 magnetic domain】

一般に強磁性体およびフェリ磁性体はその内部が磁化(自発磁化)の向きの異なる領域に分かれている。この領域のことを磁区といい,その境界を磁壁magnetic domain wallsと呼ぶ。強磁性体が,見かけのうえで磁化をもたない消磁状態になることがあるのは,全体の磁化が打ち消されてしまうような磁区構造をもつ場合があるためである。磁区の大きさは小さいもので10-4cm,大きいもので1cm程度である。 磁区の存在は1907年P.ワイスによって予想されていたといわれるが,実験的には31年アメリカのビッターFrancis Bitter(1902‐67)により初めてその存在が示され,理論的研究はL.D.ランダウとE.M.リフシッツにより始められた(1935)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じく【磁区】

鉄・コバルトなど強磁性体の結晶の内部で、原子の磁気モーメントの向きのそろった小区域。磁化されていない強磁性体においては、磁区相互の磁気モーメントの向きはばらばらで、全体として磁気が打ち消されているが、磁場を加えると、磁区の大きさや向きが変化して磁性をもつようになり、最終的には一定の向きにそろって永久磁石になる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁区
じく

強磁性体の内部は、自発磁化の向きの異なる数多くの微少な領域に分かれている。この領域を磁区という。磁区内では、原子の磁気モーメント原子磁石)は皆同じ方向を向き、自発磁化を形成している。もし磁区に分かれず、強磁性体の原子磁石がすべて同じ方向を向くと、磁性体の表面に磁極が現れ、内外に磁界を生じる。強磁性体の自発磁化は、この自らつくりだした磁界の中に置かれることになり、磁気エネルギー静磁エネルギー)が発生する。自然界はエネルギーが低いほど安定であるが、この静磁エネルギーによる磁性体のエネルギーの増加はこれとは相反する。そこで、強磁性体は、静磁エネルギーの発生を抑えるため、自ら内部でいくつかの磁区に分かれ、それぞれの磁区内の自発磁化が、磁性体の表面に磁極を発生しないように、複雑な幾何学的配置をする。磁区の大きさ(面積)は物質によって異なるが、およそ10-12m2から10-6m2程度である。強磁性体は、磁界にさらされたことがなければ見かけは磁石のようには見えない。これは、各磁区の自発磁化が互いに打ち消し合って、外部に現れないためである。外部から磁界をかけると、その磁界の向きに一番近い方向に自発磁化が向いている磁区の体積が増加する。磁界を強くすると、ついには全体が一つの磁区となる。この状態を磁気飽和といい、このとき観察される磁化を飽和磁化という。飽和磁化の大きさは自発磁化に等しい。
 各磁区は磁壁とよばれる境界によって仕切られている。磁壁は有限の厚みをもっている。もし磁壁に厚みがなく、自発磁化の向きが大きく異なる磁区が接すると、互いの磁化の間に大きな相互作用(交換相互作用)のエネルギーが生じ、磁性体の自由エネルギーが増加する。磁壁の内部では数百原子層にわたって、一方の磁区の磁化の向きから他方の磁区の磁化の向きに原子磁石が徐々に向きをかえ、このエネルギーの増加を抑えている。磁区内の原子磁石は、物質固有の磁気異方性によって、一定の方向(磁化容易方向)を向いているが、磁壁内で原子磁石が磁区内の磁化の方向から向きを変えると、磁気異方性エネルギーが増加する。相互作用に起因するエネルギーは磁壁が厚く、原子層を増すほど抑制できるが、逆に磁気異方性に起因するエネルギーは磁化容易方向からずれた原子磁石が増えるほど増加する。磁壁の厚みはこれらのエネルギーの和(磁壁エネルギー)が最小になるように決定される。代表的な強磁性体である鉄の場合、磁壁の厚みは約1000万分の1メートル程である。磁区の形と配置は強磁性体の応用面においてきわめて重要な因子となるが、強磁性体の形状、磁気異方性の大きさ、自発磁化の大きさなどを調整することにより制御することができる。[永田勇二郎]
『太田恵造著『磁気工学の基礎1、2』(1973・共立出版) ▽近角聰信著『強磁性体の物理』上下(1978、84・裳華房) ▽加藤哲男著『技術者のための磁気・磁性材料』(1991・日刊工業新聞社) ▽近桂一郎・安岡弘志編『丸善実験物理学講座6 磁気測定1』(2000・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁区の関連キーワード磁性体キュリー温度強磁性体ネールフェリ磁性常磁性体反磁性体非磁性体有機強磁性体フェリ磁性体

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁区の関連情報