コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分岐ターゲットバッファー

1件 の用語解説(分岐ターゲットバッファーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

分岐ターゲットバッファー

分岐命令の実行を高速化するために、マイクロプロセッサーに用意されたバッファ。略してBTB呼ばれることもある。BTBは、プログラム中にある条件分岐命令が、過去の実行において条件が成立したか否かを記憶しておくためのバッファ。命令フェッチ時に条件分岐命令に出合うと、このバッファの内容を元にして次の命令のフェッチ先を予測し、フェッチ/デコード作業を続ける。予測が外れた場合は、新たに命令フェッチからやり直すことになる。BTBは構造的には数百~数千エントリからなるキャッシュであり、各エントリには分岐命令の物理アドレスと分岐先アドレス、過去1回もしくは複数回分の分岐履歴が保存されている。最初の1回は分岐が外れるかもしれないが、2回以上連続して同方向へ分岐する場合は、確実に予測できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分岐ターゲットバッファーの関連キーワードSSEキャッシュメモリーディスクキャッシュパイプライン処理ビデオカード分岐予測RISC3Dグラフィックスアクセラレーター命令キャッシュDirect X

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone