コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分岐ターゲットバッファー

1件 の用語解説(分岐ターゲットバッファーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

分岐ターゲットバッファー

分岐命令の実行を高速化するために、マイクロプロセッサーに用意されたバッファ。略してBTB呼ばれることもある。BTBは、プログラム中にある条件分岐命令が、過去の実行において条件が成立したか否かを記憶しておくためのバッファ。命令フェッチ時に条件分岐命令に出合うと、このバッファの内容を元にして次の命令のフェッチ先を予測し、フェッチ/デコード作業を続ける。予測が外れた場合は、新たに命令フェッチからやり直すことになる。BTBは構造的には数百~数千エントリからなるキャッシュであり、各エントリには分岐命令の物理アドレスと分岐先アドレス、過去1回もしくは複数回分の分岐履歴が保存されている。最初の1回は分岐が外れるかもしれないが、2回以上連続して同方向へ分岐する場合は、確実に予測できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone