コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッシュ キャッシュ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キャッシュ

よく使うデータへのアクセスを速くするために、より高速な記憶装置に一時的に保存する仕組み。たとえば、アプリケーションの作業中のデータは、ハードディスクからメインメモリーに読み込んでおくことで、処理を高速化できる。また、Webブラウザーサーバーキャッシュ機能では、一度表示したページの内容をファイルに保存することで、次回からは、そのページをすばやく表示できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

キャッシュ

一度利用したデータを再利用するために、読み出しの速い領域に一時的に記憶しておく仕組みのことです。例えば、ブラウザには一度見たウェブページのデータのキャッシュ機能があります。2度目は、ページに変更がなければパソコン側にキャッシュされたデータが使われるので、短時間で表示されます。現金のキャッシュ(cash)ではなく、貯蔵庫の「cache」です。
⇨2次キャッシュ、サーバー

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キャッシュ(cash)

現金。また、現金払いのこと。「キャッシュで支払う」

キャッシュ(cache)

宝物の隠し場所。安全な貯蔵所。
キャッシュメモリー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

DBM用語辞典の解説

キャッシュ【cash】

ウェブページへアクセスすると、その文字や画像情報は、必ずユーザーコンピュータのキャッシュ(履歴フォルダ等)と呼ばれる保管場所にダウンロードされる。ユーザが同じページに2度目にアクセスした時、表示速度が最初のアクセスより早くなるのは、この理由による。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

ホームページ制作用語集の解説

キャッシュ

インターネットの一時ファイル、履歴、Cookie等、使用頻度の高いデータを高速な記憶装置に蓄えておくことにより、低速な装置から読み出す無駄を省いて高速化する。

出典|(株)ネットプロホームページ制作用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

キャッシュ【cash】

現金。お金。 「 -で払う」
現金払い。即金。
資金。また、金融。

キャッシュ【cache】

〔隠し場、貯蔵所の意〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッシュ
Cash, Johnny

[生]1932.2.26. アーカンソー,キングズランド
[没]2003.9.12. テネシー,ナッシュビル
アメリカ合衆国のシンガー・ソングライター。本名 J. R. Cash。伝説的カントリー・アンド・ウェスタン歌手ながらジャンルにとらわれない音楽はフォークロック音楽にも影響を及ぼし,重厚なバリトン,明快な歌詞,誠実で弱者に温かい姿勢が人々の心をつかみ偶像的存在となる。貧しい農家の息子として生まれた。1956年『アイ・ウォーク・ザ・ライン』がヒット,1963年に 2番目の妻ジューンカーター手になるリング・オブ・ファイア』でヒットチャートのトップに立つ。黒服をまとい「マン・イン・ブラック」の愛称をもつ。1960~70年代にはボブ・ディランとともにテレビ番組のホストを務め,レコードビートルズに匹敵する売り上げを達成した。グラミー賞を 13回受賞,1980年カントリーの殿堂,1992年ロック殿堂入りを果たし,1996年ケネディセンター功労賞を受賞した。2005年,キャッシュの半生を描いた映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』が公開された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のキャッシュの言及

【デポ】より

…イギリスではホードhoardと呼ぶ。同じ概念はアメリカ考古学でも用い,キャッシュcacheと呼んでいる。日本考古学では,この概念は一般化していないが,〈埋納〉の語をあてたい。…

※「キャッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャッシュの関連情報