断橋(読み)ダンキョウ

デジタル大辞泉の解説

だん‐きょう〔‐ケウ〕【断橋】

中途でこわれて落ちている
「二人は―の上迄来て留まった」〈漱石虞美人草
[補説]書名別項。→断橋

だんきょう【断橋】[書名]

岩野泡鳴長編小説。明治44年(1911)発表。北海道の放浪生活をもとに描いた長編五部作の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐きょう ‥ケウ【断橋】

〘名〙 途中でこわれて切れた橋。こわれた橋。
※信長記(1622)一二「断橋(ダンケウ)を続(つぎ)、嶮路をたいらぐ」 〔杜甫‐過故斛斯校書荘詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

断橋の関連情報