コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分縮 ぶんしゅくfractional condensation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分縮
ぶんしゅく
fractional condensation

分別凝縮のこと。分留操作の1種。蒸留で生じた混合蒸気を,すべて凝縮して再蒸留する代りに,その蒸気の一部を凝縮させて純度の高い低沸点成分を得る操作。石油のような沸点の違う液体混合物の蒸気を冷却して,一部分を凝縮すると,沸点の高いものから液体となり,沸点の低い成分が蒸気として残る。このような部分凝縮を繰返せば,低沸点成分の純度が高まる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

分縮の関連キーワードゲルト タイス地図の縮尺分別凝縮蒸留装置パセリ分縮器精留蛙足

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android