コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分解定理 ぶんかいていりdecomposition theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分解定理
ぶんかいていり
decomposition theorem

1より大きな任意の自然数は,いくつかの素数の積の形で表わすことができる。これを,ある自然数を素因数分解するという。1つの数の素因数分解は,それぞれの素因数の並べ方を無視すれば,ただ1通りしかない。この自然数の素因数分解の一意的可能性の定理を分解定理といい,初等整数論の基本定理とされる。この定理は数論全体に拡張されて,数論の基本定理,素因子あるいは素元分解定理が導かれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分解定理の関連情報