コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数論 すうろん arithmetics

1件 の用語解説(数論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数論
すうろん
arithmetics

整数の性質は,古代ギリシア以来多くの者を魅惑してきた問題であった。17世紀にはピエール・ド・フェルマが近代的記号代数学を整数の問題に用いてさまざまな問題を提起した。19世紀初頭にカルル・フリードリヒガウスの『数論研究』において体系的な代数的整数論が生まれ,多くの後継者たちの研究を経て,20世紀に高木貞治らによる類体論で一つの完成を迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の数論の言及

【サーンキヤ学派】より

…インドの正統バラモン系統の,いわゆる六派哲学の一つ。サンスクリットのサーンキヤSāṃkhyaは〈僧佉(そうぎや)〉と音写され,〈数論〉と訳される。このため数論学派とも呼ばれる。…

【整数論】より

…数論ともいう。整数のもつ特殊な性質は古くから人々の興味を引いてきた。…

※「数論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

数論の関連キーワードギリシア悲劇整数論ギリシャ語ギリシャ神話ギリシャ文字ギリシア喜劇ギリシア科学フォティアディス《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数論の関連情報