コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数論 すうろんarithmetics

1件 の用語解説(数論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数論
すうろん
arithmetics

整数の性質は,古代ギリシア以来多くの者を魅惑してきた問題であった。17世紀にはピエール・ド・フェルマが近代的記号代数学を整数の問題に用いてさまざまな問題を提起した。19世紀初頭にカルル・フリードリヒガウスの『数論研究』において体系的な代数的整数論が生まれ,多くの後継者たちの研究を経て,20世紀に高木貞治らによる類体論で一つの完成を迎えた。近年では,類体論でとらえきれない性質の研究も進められている。整数の研究には代数学ばかりでなく解析学や幾何学も用いられてきたが,量子力学素粒子論との関係も注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の数論の言及

【サーンキヤ学派】より

…インドの正統バラモン系統の,いわゆる六派哲学の一つ。サンスクリットのサーンキヤSāṃkhyaは〈僧佉(そうぎや)〉と音写され,〈数論〉と訳される。このため数論学派とも呼ばれる。…

【整数論】より

…数論ともいう。整数のもつ特殊な性質は古くから人々の興味を引いてきた。…

※「数論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数論の関連情報