切っ先/鋒(読み)キッサキ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐さき【切っ先/×鋒】

《「きりさき」の音変化》
刃物の先端。刀のはさき。「胸元に―を突きつける」
とがらせた物の先端。
相手を責める言葉などの調子。「批判の―が鈍る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっさき【切っ先】

刀などの刃物の先端部。刃先。 「 -をかわす」
相手に挑む勢い。 「追及の-が鈍る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android