コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切っ刃を回す キッパヲマワス

デジタル大辞泉の解説

切(き)っ刃(ぱ)を回・す

《腰の刀を鞘(さや)ごと回して引き抜く態勢をとることから》刀を抜こうとする。
「御返答によって浪人の切れ味お目にかけると、―・し」〈浄・浪花鑑
刀を振り回す。
「―・せば取っつかまへて、かはりがはりに若衆にするぞ」〈伎・吾嬬鑑〉
相手に反論する。
「智恵もないくせに―・し小見苦しい」〈伎・毛抜

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きっぱをまわす【切っ刃を回す】

刀の柄に手をかけて鞘さやを回して刃を上に向け、まさに引き抜こうとする。 「切刃まはして怒れども/浄瑠璃・用明天皇」
縦横に反論する。 「町衆に向ひて切刃廻せば、年寄も組中も我を折つて/浮世草子・子息気質」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切っ刃を回すの関連キーワード浮世草子切っ刃回す

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android