浪人(読み)ろうにん

百科事典マイペディア「浪人」の解説

浪人【ろうにん】

主家を持たない武士態の者。牢人とも。本来は戸籍を離れた浮浪人。主君を離れて禄を失った武士は,戦乱期には軍功による再仕官もできたが,江戸時代,幕藩体制の確立以後は困難になった。とくに家康・秀忠・家光の3代の時代には大名改易などでその数は多く,家光晩年の1650年ごろには40万〜50万人にものぼったという。大量の人発生は慶安事件などを起こすに至ったため,幕府は大名・旗本の統制を緩和し,浪人発生の減少に努めた。なお浪人は士籍を失ったのちも苗字帯刀を許されて武士の体裁を保ったが,裏店の借家に住まい,身柄は町奉行の配下で,法的身分は百姓・町人と変わらなかった。
→関連項目五人組(日本史)散切総髪柳沢氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「浪人」の解説

ろう‐にん〔ラウ‐〕【浪人】

[名](スル)
古代、本籍地を離れ、他国を流浪している者。浮浪人。
(「牢人」とも書く)中世・近世、主家を自ら去ったり、あるいは失ったりした武士。江戸時代には幕府の大名取りつぶし政策などにより著しく増加し、政治・社会問題となった。浪士
入学試験や入社試験に不合格となり、入学や就職ができないでいる人。また、職を失って、きまった職のない人。「一年浪人して志望校を目ざす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「浪人」の解説

【浪人】ろう(らう)にん

流浪の人。王勃〔春思の〕僕は本(もと)浪人、生自ら淪(しづ)む。書を懷(いだ)いてを去り、劍をいてを辭す。

字通「浪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android