コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)欠き キリカキ

1件 の用語解説(切(り)欠きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きり‐かき【切(り)欠き】

水量測定に用いる堰板(せきいた)の上部から切り取った正方形または三角形の部分。そこからあふれ出る水量から全体の流量を算出する。ノッチ。
材料力学で、強度試験のために試験片につけた楔形(くさびがた)の切り取り部分。
組み合わせるために部材を細長く切り取った溝状の部分。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone