コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)欠き キリカキ

デジタル大辞泉の解説

きり‐かき【切(り)欠き】

水量測定に用いる堰板(せきいた)の上部から切り取った正方形または三角形の部分。そこからあふれ出る水量から全体の流量を算出する。ノッチ。
材料力学で、強度試験のために試験片につけた楔形(くさびがた)の切り取り部分。
組み合わせるために部材を細長く切り取った溝状の部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)欠きの関連キーワード深溝玉軸受非調質鋼普通旋盤割出し台材料試験金属疲労衝撃試験材料力学ノッチ試験片正方形三角形堰板水量流量楔形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android