切身に塩(読み)きりみにしお

  • きりみ
  • に 塩(しお)
  • 切身

精選版 日本国語大辞典の解説

傷口に塩をこすりつけるように、痛い上にさらに痛さを加えること。転じて、打撃の上にさらに打撃をうけることのたとえ。切り目に塩。
※浄瑠璃・加賀見山旧錦絵(1782)二「されば其事、私も切身(キリミ)に塩(シホ)が染(し)み、思ひ当った今日此頃」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android