切身(読み)きりみ

精選版 日本国語大辞典「切身」の解説

きり‐み【切身】

〘名〙
① 魚肉や肉、くだものなどを適当な大きさに切ったもの。
※洒落本・恵比良濃梅(1801)一「きりみに、松だけ、くわゐ、みつば、などと申ものでござります」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「鰹の切身をちょろまかしたり」
② 切り傷のある身体。
③ いかにも切られやすく見える体勢。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)下「透間を見込互の身がまへ、切身を見せてそびけ共、うかつに乗ぬかけ引気くばり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android