切(り)身(読み)キリミ

精選版 日本国語大辞典の解説

きり‐み【切身】

〘名〙
肉や肉、くだものなどを適当な大きさに切ったもの。
※洒落本・恵比良濃梅(1801)一「きりみに、松だけ、くわゐ、みつば、などと申ものでござります」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「鰹の切身をちょろまかしたり」
② 切り傷のある身体。
③ いかにも切られやすく見える体勢。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)下「透間を見込互の身がまへ、切身を見せてそびけ共、うかつに乗ぬかけ引気くばり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android