加賀見山旧錦絵(読み)かがみやまこきょうのにしきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀見山旧錦絵
かがみやまこきょうのにしきえ

(1) 浄瑠璃時代物。 11段。容楊黛作。天明2 (1782) 年江戸薩摩外記座初演。享保9 (24) 年4月江戸虎の門の松平周防守邸内で,局沢野草履をはき違えたことから沢野に侮辱を受けて自害した側女みちの恨みを,みちの召使さつが沢野を討って晴らしたという事件をふまえた作品。御家騒動で有名な加賀騒動を背景として,主家横領をたくらむ局岩藤に,草履で打擲された恥辱のために自刃した中老尾上の召使お初がその復讐をするまでを描く。天明3年歌舞伎化。御殿女中の年に一度3月の宿下がりをあてこみ,大奥を題材にした弥生狂言として知られる。曾我の世界に移行して草履打長局奥庭を主に種々脚色演出が展開され,『日の鏡山』『骨よせ岩藤』などの通称をもつ作品群を生む。鶴屋南北の『桜花 (やよいのはな) 大江戸入船』 (88) ,そのまた改作増補の河竹黙阿弥の『加賀見山再 (ごにちの) 岩藤』 (1860) が有名。 (2) 新内節の曲名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かがみやまこきょうのにしきえ〔かがみやまコキヤウのにしきヱ〕【加賀見山旧錦絵】

浄瑠璃時代物。11段。容楊黛(ようようたい)作。天明2年(1782)江戸外記座初演。松平周防守(すおうのかみ)邸内での草履打ち事件と加賀騒動とを題材にしたもの。翌年、歌舞伎に移入。鏡山。加賀見山。
新内節。二段。の詞章を転用したもので、「草履打」と「長局」の段がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かがみやまこきょうのにしきえ【加賀見山旧錦絵】

人形浄瑠璃。時代物。11段。《鏡山旧錦絵》とも書く。通称《加賀見(鏡)山》。容楊黛(ようようたい)作。1782年(天明2)1月江戸薩摩座初演。題材は1724年(享保9)4月3日,松平周防守の屋敷で側女みちが誤って局(つぼね)沢野の草履をはき違えたことから沢野に侮辱を与えられ,これを恥じて自害したので,みちの下女さつは沢野を刺して主人の恨みをはらしたという実説を中心に,歌舞伎《加賀見山廓写本(かがみやまさとのききがき)》(奈河亀輔作,1780年大坂藤川座)から加賀騒動の筋をあわせて脚色した作品である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かがみやまこきょうのにしきえ【加賀見山旧錦絵】

人形浄瑠璃。時代物の一。容楊黛ようようたい作。1782年初演。松平周防守邸に起こった奥女中の仇討あだうち事件に、加賀騒動の筋を加えて脚色。足利家の中老尾上が、主家横領をたくらむ局岩藤に草履打ちの侮辱を受け自害したため、その召し使いお初が岩藤に復讐する。「竹刀打しないうち」「草履打」「奥庭」が見所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加賀見山旧錦絵
かがみやまこきょうのにしきえ

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。11冊。容楊黛(ようようたい)作。1782年(天明2)1月江戸・外記座(げきざ)初演。加賀騒動に取材した歌舞伎(かぶき)脚本『加賀見山廓写本(さとのききがき)』(1780)と、1724年(享保9)松平周防守(すおうのかみ)の江戸藩邸で、中老みちが局(つぼね)沢野の草履(ぞうり)を履き違えたことから恥辱を受けて自害、みちの下女さつが沢野を討って主人の恨みを晴らした事件とをあわせて脚色。初演の翌年には歌舞伎に移されたが、女同士の敵討(かたきうち)を扱った六、七冊目が大名屋敷の奥勤めの生活を克明に描写しているので、御殿女中が宿下(やどさが)りする3月の弥生(やよい)狂言には絶好の演目となり、繰り返し上演されるようになった。通称「加賀見山」または「鏡山」。足利(あしかが)家の局岩藤(いわふじ)は主家横領の陰謀に加担し、密書を中老尾上(おのえ)に拾われたので、これを陥れるため武術の試合を挑んで失敗すると、さらに言いがかりをつけ、草履で尾上を打ち据えて恥を与える。尾上は無念のあまり、岩藤一味の悪事を書き残して自害。下女お初はその夜奥庭で岩藤を討ち、主人の恨みを晴らした功によって2代目尾上の名を許される。
 江戸期には上演ごとに脚本がくふうされたが、現代では、お初が尾上のかわりに岩藤を打ち負かす「試合」(または「竹刀打(しないうち)」)の次に「草履打」、「尾上部屋」(または「長局(ながつぼね)」)、使いに出たお初が主人の身を案じて引き返す「烏啼(からすな)き」、元の「部屋」、最後に「奥庭仕返し」という場割が定型。演出面も、敵役岩藤の貫禄(かんろく)と憎味(にくみ)、純女方(おんながた)の尾上の内向的な演技、お初の強さと情味など、各役に優れた型が完成されている。なお、河竹黙阿弥(もくあみ)作『加賀見山再岩藤(ごにちのいわふじ)』はその後日譚(たん)で、殺された岩藤の骸骨(がいこつ)が寄り集まって元の局の姿になるところが眼目なので、通称を「骨(こつ)寄せ岩藤」という。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かがみやまこきょうのにしきえ かがみやまコキャウのにしきヱ【加賀見山旧錦絵】

[一] 浄瑠璃。時代物。十一段。容楊黛作。通称「加賀見山」。天明二年(一七八二)江戸外記座初演。松平周防守の江戸邸で起こった草履(ぞうり)打ち事件と加賀騒動を題材としたもの。お家横領を企てる大杉源蔵の一味の局岩藤は、密書を中老尾上に拾われたのでこれを草履で打つ。尾上はくやしさの余り自害し、その下女お初が岩藤を討つという筋。翌年歌舞伎に移入された。書替狂言が多い。
[二] 新内節の曲名。浄瑠璃の曲詞を転用したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

加賀見山旧錦絵
かがみやま こきょうのにしきえ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
容楊黛 ほか
補作者
田辺弥七 ほか
初演
天明3.4(江戸・森田座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の加賀見山旧錦絵の言及

【加賀騒動】より

…加賀騒動物として,歌舞伎あるいは人形浄瑠璃では,むしろ派生した作品のほうが著名である。それは別の藩邸に発生した女どうしの不和で,側室が奥方側近の女にはずかしめられて自殺したあと,側室に仕えた侍女が仇討をした事件を,加賀の世界に仮託した作品で,1782年(天明2)江戸の人形浄瑠璃に書きおろされた容楊黛(ようようたい)の《加賀見山旧錦絵(かがみやまこきようのにしきえ)》が歌舞伎に移入されたもので,俗に〈女の忠臣蔵〉と称された。こういう劇は奥づとめの女中の宿下りに見るのにふさわしいので毎年3月に上演されたが,悪役の局岩藤,中老尾上とその召使のお初,この3人の女が大役で,岩藤とお初の試合,岩藤が尾上を草履で打ち,尾上無念の自殺,お初が奥庭で岩藤に復讐する4場面が原則になっている台本である。…

※「加賀見山旧錦絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android