此頃(読み)このごろ

精選版 日本国語大辞典 「此頃」の意味・読み・例文・類語

この‐ごろ【此頃】

  1. 〘 名詞 〙 ( 上代は「このころ」 )
  2. 近い過去から現在までの漠然とした時間をさしていう。ちかごろ。最近。この日頃近来。このじゅう。このじゅううち。
    1. [初出の実例]「新室(にひむろ)蚕時(こどき)に到ればはだ薄穂に出し君が見えぬ己能許呂(コノコロ)」(出典万葉集(8C後)一四・三五〇六)
    2. 「比日(コノゴロ)は久しく御意得ぬに」(出典:談義本・世間万病回春(1771)五)
  3. 近い未来の漠然としたある期間をさしていう。近いうち。近日。
    1. [初出の実例]「雪寒み咲きには開(さ)かず梅の花よし比来(このころ)はさてもあるがね」(出典:万葉集(8C後)一〇・二三二九)
    2. 「木梚町が、大分面白いといふ事ゆゑ、こちのお福さんも、是非この頃(ゴロ)に、見に行くと申す事でござりますわいなア」(出典:歌舞伎・蝶々孖梅菊(1828)二幕)
  4. 過去の、現在と季節や時間の対応する漠然としたある期間をさしていう。今時分。
    1. [初出の実例]「むかし大将の御母うせ給へりしもこの比のことぞかしとおぼしつるにいと物かなしく」(出典:源氏物語(1001‐14頃)御法)

此頃の補助注記

現代語の、過去におけるある時期をさす「このころ」は連語と認め、この項には含めなかった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「此頃」の読み・字形・画数・意味

【此頃】このごろ

近ごろ。

字通「此」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android