初任(読み)ショニン

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐にん【初任】

〘名〙 ある官職に初めて任ぜられること。はじめての任官や就職。
※令義解(718)祿「凡初任官者。雖日。皆給初任之祿。〈謂。初任者。無祿人入有祿也〉」
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉穿鑿心持「彼は初任のとき四千石、後に一万三千石になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報