初対面(読み)しょたいめん

精選版 日本国語大辞典「初対面」の解説

しょ‐たいめん【初対面】

〘名〙 今まで一度も会ったことのない人とを合わせること。めての対面。はつたいめん。
※源平盛衰記(14C前)二二「此の人の体(てい)軽骨なり、墓墓敷く日本の主とならじとて、初対面(ショタイメン)に心替りしける上に」
※評判記・秘伝書(1655頃)しょたいめんの名をしる事「しょたいめんのさかづき、いろいろありといへども、是、第一の本意なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「初対面」の解説

しょ‐たいめん【初対面】

それまで会ったことのない人と初めて顔を会わせること。「初対面のあいさつ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android