本意(読み)ほんい

精選版 日本国語大辞典「本意」の解説

ほん‐い【本意】

〘名〙
① まことの心。本来の意志。実際の望み。かねての願い。本懐本心。ほい。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「ほんいのうと静かなるべい事のかたかべいをなむ、いかさまにせましと思はべり」
※源平盛衰記(14C前)一九「祷りの甲斐ありて、本意をとげぬる嬉しさよ」 〔後漢書‐竇融伝〕
② 真の意味。まことの意味。
※足利本論語抄(16C)学而第一「集めて解は諸家の善説を解此書の本意と云心也」
③ 本来あるべきさま。特に和歌・連歌・俳諧などで、ある題材が本来備えている、最もそれにふさわしいと考えられる性質や意味、あり方。
※六百番歌合(1193頃)春中・五番「野遊、うちまかせては我が遊ぶべきが深きか。難にはあらねども、本意なし」

ほ‐い【本意】

〘名〙 (「ほんい(本意)」の撥音「ん」の無表記) 本来の志。かねてからの希望。
※古今(905‐914)恋五・七四七・詞書「五条のきさいの宮のにしのたいにすみける人に、ほいにはあらでものいひわたりけるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本意」の解説

ほん‐い【本意】

本当の気持ち。本心。真意。「本意をただす」
もとからの考え。本来の意志。本懐。本望。「本意を遂げる」
和歌・連歌・俳諧で、物の本質・あり方・情趣。物の美的本性。
[類語](1真意本心本音下心魂胆

ほ‐い【本意】

《「ほんい」の撥音の無表記》本来の望み。本当の考え。
「かの世にても、いま一度あひ見むと思ふ―侍れば」〈宇津保こそ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本意」の解説

【本意】ほんい・ほい

本心。本懐。目的。晋・杜預〔春秋左氏伝〕仲尼曰く、に沒したれども、(ここ)に在らずやと。此れ制作の本なり。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android