初蝉(読み)ハツゼミ

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ‐ぜみ【初蝉】

〘名〙 その年に初めて鳴く蝉。《季・夏》
※大斎院前御集(11C前)上「神がきにゆふつけてなくはつせみのこゑきくからに物ぞかなしき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android