コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 セビ

3件 の用語解説(蝉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せび【×蝉】

せみ」に同じ。〈新撰字鏡

せみ【×蝉】

半翅(はんし)目セミ科の昆虫の総称。翅(はね)は膜質で透明。頭部は三角形で両側に複眼、その間に単眼が3個あり、管状の口吻(こうふん)をもち、樹液を吸う。雄は腹部に発音器をもち、樹幹などで鳴く。幼虫は地中で木の根の汁を吸って育ち、数年ののち地上に出て成虫になる。日本にはアブラゼミニイニイゼミヒグラシクマゼミミンミンゼミツクツクボウシなど32種が知られる。 夏》「閑(しづ)かさや岩にしみ入る―の声/芭蕉
帆柱の上端または長いさおの先などにつけて、綱を掛けて、高い所に物を引き上げるのに用いる小さい滑車。せみぐち。せみもと。
雅楽に使う横笛の部分の名。吹き口と頭(かしら)の中間の背面を約1センチ切り取って蝉形の木片をはめこんだもの。

せん【蝉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]セン(漢) [訓]せみ
〈セン〉
昆虫の名。セミ。「蝉蛻(せんぜい)寒蝉秋蝉
連なって美しい。「蝉鬢(せんびん)
〈せみ(ぜみ)〉「蝉時雨(せみしぐれ)油蝉
[補説]「蟬」は正字。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝉の関連キーワードヒメハルゼミ泡吹虫鍋蓋虫椿象木虱熊蝉刺椿象角蝉長椿象オガサワラゼミ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蝉の関連情報