コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セビ

デジタル大辞泉の解説

せび【×蝉】

せみ」に同じ。〈新撰字鏡

せみ【×蝉】

半翅(はんし)目セミ科の昆虫の総称。翅(はね)は膜質で透明。頭部は三角形で両側に複眼、その間に単眼が3個あり、管状の口吻(こうふん)をもち、樹液を吸う。雄は腹部に発音器をもち、樹幹などで鳴く。幼虫は地中で木の根の汁を吸って育ち、数年ののち地上に出て成虫になる。日本にはアブラゼミニイニイゼミヒグラシクマゼミミンミンゼミツクツクボウシなど32種が知られる。 夏》「閑(しづ)かさや岩にしみ入る―の声/芭蕉
帆柱の上端または長いさおの先などにつけて、綱を掛けて、高い所に物を引き上げるのに用いる小さい滑車。せみぐち。せみもと。
雅楽に使う横笛の部分の名。吹き口と頭(かしら)の中間の背面を約1センチ切り取って蝉形の木片をはめこんだもの。

せん【蝉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]セン(漢) [訓]せみ
〈セン〉
昆虫の名。セミ。「蝉蛻(せんぜい)寒蝉秋蝉
連なって美しい。「蝉鬢(せんびん)
〈せみ(ぜみ)〉「蝉時雨(せみしぐれ)油蝉
[補説]人名用漢字表(戸籍法)の字体は「蟬」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝉 (セミ)

動物。セミ上科に含まれる昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蝉の関連キーワード蛍二十日に蝉三日差し取り引き詰め蝉丸(歌人)漫ろがまし付け出だす睫を濡らす蝉丸(能)蝉の抜け殻誓文固め濡れ坊主結構立て秥蝉県碑夏虫の色Dear裁ち替ふ蝉の羽衣藤堂良忠巨石文明逢坂の関蝉噪蛙鳴

蝉の関連情報