コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利源別配当方式

保険基礎用語集の解説

利源別配当方式

3要素式利源別配当方式の事で、生命保険における契約者配当金を計算する方式を指します。生命保険契約剰余金は、実際利回りが予定利率を上回る時に生じた利差益、実際死亡率が予定死亡率より下回る時に生じた死差益、実際経費が予定された付加保険料の範囲内でまかなわれた事によって生じた費差益の3つの源泉から生じたものです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android