コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利源別配当方式

1件 の用語解説(利源別配当方式の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

利源別配当方式

3要素式利源別配当方式の事で、生命保険における契約者配当金を計算する方式を指します。生命保険契約の剰余金は、実際利回り予定利率を上回る時に生じた利差益、実際死亡率が予定死亡率より下回る時に生じた死差益、実際経費が予定された付加保険料の範囲内でまかなわれた事によって生じた費差益の3つの源泉から生じたものです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利源別配当方式の関連キーワード生命保険料率準有配当保険長期継続配当(財)生命保険文化センター普通生命保険三要素式利源別配当方式個人生命保険無配当保険生命保険の保険料大和生命保険

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone