利源別配当方式

保険基礎用語集の解説

利源別配当方式

3要素式利源別配当方式の事で、生命保険における契約者配当金を計算する方式を指します。生命保険契約剰余金は、実際利回りが予定利率を上回る時に生じた利差益、実際死亡率が予定死亡率より下回る時に生じた死差益、実際経費が予定された付加保険料の範囲内でまかなわれた事によって生じた費差益の3つの源泉から生じたものです。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android