コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刮痧 カッサ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐さ〔クワツ‐〕【××痧】

中国の民間療法の一。水牛の角・石などでできた専用の板や陶製さじなどで、皮膚を刺激して新陳代謝を促進する。日本では近年、美容法として広まっている。
[補説]「活沙」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android