水牛(読み)すいぎゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐ぎゅう ‥ギウ【水牛】

〘名〙
① ウシ科の哺乳類。体高一・五~一・九メートル。体形はウシによく似ている。角は雌雄とも長大で後方に半円状にのび、横断面は三角形状で横じわがある。体色は灰色で皮膚が厚く体毛はまばらに生える。皮膚に汗腺(かんせん)がないため水浴を好む。草食性で、力は強い。インド、東南アジア、中国、台湾などで運搬用、耕作用に飼育。野性の原種はアジアスイギュウ(インドスイギュウ)で、インドや東南アジアの保護区などに少数が生息する。アフリカの平原や森林にはアフリカスイギュウが分布するが、これは別種で、左右の角は頭頂部でほとんど合着し、性質は荒い。バッファロー。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「われ近曾(ちかごろ)肘の筋を断れたれば、力はむかしに劣れども、なほ水牛(スイギウ)をも屑(もののかず)と思はず」 〔漢書‐西域伝・罽賓国〕
② ①の角。また、それを加工して作った、印判や彫刻品。
※洒落本・風俗八色談(1756)五「水牛(スイギウ)の髪掻(かみかき)を左右より四五本さして」
③ (①の角で作ったものがあるところからいう) 「はりかた(張形)」の異称。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)初「水牛(すイぎう)がわれてと外科へそっといい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すい‐ぎゅう〔‐ギウ〕【水牛】

偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳類。大形で、体毛は少なく、水辺で暮らし、水浴・泥浴を好む。雌雄とも半月形の大きな角をもつ。野生種アルナはインドの一部に分布東南アジアでは重要な家畜となっており、インド水牛ともいう。また、アフリカ水牛を含めていうこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android