水牛(読み)スイギュウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ぎゅう〔‐ギウ〕【水牛】

偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳類。大形で、体毛は少なく、水辺で暮らし、水浴・泥浴を好む。雌雄とも半月形の大きな角をもつ。野生種アルナはインドの一部に分布。東南アジアでは重要な家畜となっており、インド水牛ともいう。また、アフリカ水を含めていうこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいぎゅう【水牛】

ウシ科の哺乳類アジアスイギュウを指す。頭胴長2.8メートル、肩高1.8メートルほど。体は暗灰色。角は大きく、三日月状。水辺にすみ、暑い日中は水に入っていることが多い。草食性。アジア原産だが家畜化されて世界中に広まっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水牛の関連情報