制度疲労(読み)セイドヒロウ

デジタル大辞泉の解説

せいど‐ひろう〔‐ヒラウ〕【制度疲労】

制度が運用されているうちに社会状況が変化し、制度の目的と実情がずれてしまい、うまく機能しなくなった状況をいう。
[補説]「金属疲労」からの造語か。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいどひろう【制度疲労】

ある制度が、現実とそぐわないものになること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

制度疲労の関連情報