コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制裁課税 セイサイカゼイ

デジタル大辞泉の解説

せいさい‐かぜい〔‐クワゼイ〕【制裁課税】

所得の不正申告や無申告、法人使途秘匿金などを防止するため、違反者に対して懲罰的な税金を課すこと。
[補説]米国が、安価な輸入品に対して、不当廉売に該当するとの名目で高率の関税を課すことも、一般に制裁課税と呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

制裁課税の関連キーワード輸入品補説

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

制裁課税の関連情報