コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使途秘匿金 シトヒトクキン

デジタル大辞泉の解説

しとひとく‐きん【使途秘匿金】

法人による支出のうち、支出の相手方帳簿に記載しないもの。金銭支出だけでなく、それ以外の資産の譲渡も対象となり、認定されれば、その支出分に対して通常の法人税地方税に加えて40パーセントの税金が課される。相手方を意図的に隠す支出は、不正な裏金になりやすいため、制裁課税で防止する目的があり、従来の使途不明金よりも厳しい扱い。→使途秘匿金課税

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

使途秘匿金

法人がした金銭の支出のうち、相当の理由がないのに、その相手方の氏名などを帳簿に記載していない支出をいいます。通常の法人税に加えて、その支出額の40%を乗じた額の法人税が追加課税されます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android