コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不当廉売 フトウレンバイ

2件 の用語解説(不当廉売の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふとう‐れんばい〔フタウ‐〕【不当廉売】

商品や役務を不当に安い価格で継続して販売し、他の事業者の事業活動を妨げる行為。独占禁止法で禁止されている。ダンピング
[補説]国際貿易では、国内価格よりも安い価格で輸出すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふとうれんばい【不当廉売】

独占禁止法によって禁止される不公正な取引方法の類型の一。企業の効率性によって達成した低価格で商品や役務を提供するのではなく、採算を度外視するような低い価格で商品や役務を供給し、競争者の顧客を獲得し、その事業活動を困難にさせるなど公正な競争秩序に悪影響を及ぼすおそれがある行為をいう。 → ダンピング

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の不当廉売の言及

【アンチ・ダンピング法】より

…ダンピングとは,一般的には不当廉売のことであるが,アンチ・ダンピング法とは,国際的に行われる不当廉売行為の禁止を内容とする法律である。現在,アンチ・ダンピング法は多くの国々において施行されているが,重要なものとしては,世界に先がけて1916年に制定されたアメリカのアンチ・ダンピング法,EU(ヨーロッパ連合)のそれ,カナダ,オーストラリアのそれ,および日本の関税定率法における不当廉売関税の規定などをあげることができるであろう。…

※「不当廉売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不当廉売の関連情報