コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺絡/刺胳 シラク

デジタル大辞泉の解説

し‐らく【刺絡/刺×胳】

漢方で、瀉血(しゃけつ)法の一。皮下の小静脈を刺して悪い血を流し去ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

刺絡【しらく】

静脈を針などで刺して血液を瀉出(しゃしゅつ)させる療法。古く用いられた瀉血法で,今日ではふつう注射針を刺して血液を吸引する。東アジア伝統医学では,皮膚組織の浅層に出現する毛細血管腫に施針・放血させる手技を発展させている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

刺絡/刺胳の関連キーワードヘンリー セアール佐々木仲沢山脇東門刺絡療法三輪東朔荻野元凱ルイ漢方瘀血

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android