漢方(読み)かんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢方
かんぽう

中国の伝統医学の影響下に日本で発達した医療体系で,漢方医学ともいう。これに対して日本固有の医術和方と呼び,江戸時代中期に日本に入ったオランダ医学蘭方,以後のドイツ,イギリスのものを洋方と称した。現在,中国では伝統的な医学,医療を中医学と呼んでいる。中国医学の導入は,414年新羅から良医を招いたときといわれているが,隋,唐と直接交流が始ってから医書,医薬,医人を通して次第に体系を整えてきた。また僧鑑真 (がんじん,688~763) が教化のかたわら医療も伝えたという。古典としては張仲景の『傷寒論』『金匱 (きんき) 要略』 (200頃) ,李時珍 (1518~93) の『本草綱目』などが有名。江戸時代には吉益東洞 (1702~73) による古典への復帰が提唱される一方,漢方医の一部は漢蘭折衷,一部はそのまま蘭方に走った。明治政府はドイツの影響を受けて漢方廃止を策したが,近年,再評価されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

漢方

5~6世紀以降に伝わった中国の医学を起源とし、独自に発展した日本の伝統医学。薬のつくりかたは約1800年前に編纂(へんさん)された中国の古典「傷寒論」などにもとづく。日本の医療用では葛根湯など148種類ある。2013年の生産額は約1600億円で、医薬品市場全体に占める割合は2%強。

(2015-11-28 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

漢方【かんぽう】

中国から伝来し,日本で独自の発展を遂げた治療中心の医学。特に江戸時代の発展がめざましく,古医方を初めとする諸流派が生まれ,蘭方あるいは洋方の医学に対して漢方と呼ばれた。現在,中国では自国の伝統医学を中医学,国医学などと称している。漢方は薬物療法(漢方薬)が主で,ほかにはり(きゅう)などの用手療法がある。その特色は,近代西洋医学が分析的であり,局所の病変を重視する傾向のあるのに対し,総合的であり,全身の調和を整えることにより局所の病変をなおそうとする点にある。また病人の個人差と病状の流動的変化を重視し,療法もこれに応じて変化する。そのため西洋医学的診断とは異なった基準により,その患者の,その症状群に対してどのような療法が最適かを決定するのを第一義とする。漢方の理論には陰陽五行説を根底とする観念的なものも多いが,実際には経験主義的な医術として発展した。明治以降,西洋医学に圧倒されたが,最近はその長所が再認識されつつある。
→関連項目オウバク(黄柏)葛根湯経絡小柴胡湯西洋医学所疝気蟾酥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の漢方の言及

【漢方薬】より

…漢薬ともいう。漢方医学で用いられる薬物を指し,主として中国産ならびに日本産の植物,動物,鉱物などの生薬(しようやく)を意味する。漢方という言葉は,江戸時代に,オランダから伝えられた医学を蘭方と呼んだのに対して,従来中国より学んで日本に同化した医学の呼称として造られた。…

【生薬】より

…また医薬品として利用されるものは,成分製剤原料であるとの考え方からdrug materialという言葉もよく使われる。 生薬に関連する日本語の用語として薬用植物,薬草,漢方薬民間薬,和漢薬などがある。薬用植物と薬草はほぼ同意義に使われるが,薬用植物中には薬木(やくぼく)も,またアメリカでは抗生物質を生産する放線菌なども含めている。…

【薬用植物】より

…薬用植物は古くは新鮮なもの1種類をそのままか,またはつき砕いて得た汁,あるいは煎液を内服もしくは外用したり,ものによっては薫蒸して蒸気を吸い込むか,または浴びるなどしたものであろう。そのうちに2種類以上を混合して,薬効を増強し,1種類を多量に用いることによる好ましからざる副作用を少なくする方向へと発展し,そこで体系づけられたのが漢方や中医方などである。東南アジア各地をはじめ発展途上国にみられる伝統医療はこの系列に属する。…

※「漢方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢方の関連情報