前方戦略(読み)ぜんぽうせんりゃく(英語表記)forward strategy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前方戦略
ぜんぽうせんりゃく
forward strategy

前方防衛戦略とも呼ばれる。北大西洋条約機構 NATOが旧東西ドイツの境界付近で防衛する戦略をいう。 1956年西ドイツが NATOに加盟するまでは,NATOの防衛線はライン川であったが,西ドイツの加盟によって前方に進められ,東西ドイツの境界線付近となった。そして一部はチェコスロバキア国境を越えて北方へ巻返すものとみられた。 78年ワルシャワ条約軍側の装備が改善増強されたことから,この前方防衛は不可能で,西ドイツ領の3分の1は放棄せざるをえないとの説が出され,大きな議論を巻起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android