コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前方防衛戦略 ぜんぽうぼうえいせんりゃくforward strategy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前方防衛戦略
ぜんぽうぼうえいせんりゃく
forward strategy

NATOの基本的抑止戦略。平時から西ドイツの東部国境付近に通常戦力の主力を集中的に配置しておき,東側からの侵略を前方で阻止し,後方地域への侵攻,領土的犠牲 (占領) ,人的・物的損害を回避しようとしたもの。 1950年に採用されたのち,67年にはこれに加えて柔軟反応戦略が基本戦略に据えられた。前方防衛のために西ドイツ軍はもとより,アメリカイギリスベルギーオランダカナダなどの各国軍が配置されてきた。しかしながらワルシャワ条約機構の解体,ソ連の崩壊による脅威の消滅に伴い戦略が見直され,90年には事実上,91年には正式に放棄されると同時に,柔軟反応戦略についても核兵器の大幅削減などにより修正されるにいたった。 91年の「新戦略概念」では,通常戦力を即時・緊急対応軍,主力防衛軍,増援軍の三段階構成とするとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

前方防衛戦略の関連キーワードNATO・ロシア理事会東欧諸国のEU・NATO加盟北大西洋条約機構バルト諸国NATO加盟通常戦力の規制平和のためのパートナーシップユーゴ空爆NATOの拡大コソボ紛争ヨーロッパ通常戦力条約

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone