コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前根 ゼンコン

大辞林 第三版の解説

ぜんこん【前根】

脊髄の前外側溝から左右に出る神経繊維の束。運動神経繊維が主体をなし、自律神経繊維も含む。運動根。 ⇔ 後根

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の前根の言及

【神経系】より

…脊髄神経の領域では,求心性繊維は脊髄の背側(後方)から脊髄に入るが,この部分を後根という。一方,遠心性繊維は脊髄の腹側(前方)から脊髄を出ていくが,この部分を前根という。後根と前根は脊髄のすぐ近くで合一しており,この合一によって31対の脊髄神経が形成されるのである。…

※「前根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

前根の関連キーワードベル(Sir Charles Bell)ベル‐マジャンディの法則ベル=マジャンディの法則ウォーラーの法則自律神経繊維マジャンディ脊髄神経節求心神経脊髄前根脊椎麻酔脊髄神経運動神経反射弓後根脊髄ベル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前根の関連情報